Myライブラリ


ログインしていただくと下記のサービスが利用できます。
借りている資料一覧(延長)
予約した資料一覧
予約かご
本棚一覧
登録情報変更

 

図書館カレンダー

6月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930

7月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

※令和3年5月~令和4年2月はそうふけ図書館は大規模改修工事に伴い臨時休館となります。


6月
の日(7, 14, 21, 28)は休館日です。
の日(2, 9, 16, 23, 30)は大森・小倉台図書館で午後7時まで開館します。

7月

の日(5, 12, 19, 26)は休館日です。
の日(7, 14, 21, 28)は大森・小倉台図書館で午後7時まで開館します。
の日(22, 23)は大森・小倉台図書館のみ開館です。

 
 

えほんのくに Vol.31

幼児を対象とした、新しく発行された絵本のなかから図書館員がおすすめを選んだリストです。
 
<紹介する本の一覧>
※タイトルをクリックするとその本の紹介文にとびます。
種類タイトル著者出版社
えほんゆきとくろねこ竹下 文子/さく
おおの 麻里/え
岩崎書店
えほんはずかしがりやのれんこんくん二宮 由紀子/作
長野 ヒデ子/絵
童心社
えほんドングリ小屋いしい つとむ/著佼成出版社
えほんまつぼっくりのぼうけん
川といっしょにたびをした五つのまつぼっくりのおはなし
ブリギッテ・シジャンスキー/文
バーナデット・ワッツ/絵
瑞雲舎
えほん十二の月たちボジェナ・ニェムツォヴァー/再話
出久根 育/文・絵
偕成社
 
<本の内容紹介>
※タイトルまたは巻号をクリックするとその本の詳細画面を見ることができます。
ゆきとくろねこ
竹下文子/さく おおの麻里/え 岩崎書店 記号:Eオ
 なんだろう。きょうはいつもとちがう。くもりがちでひなたがない。きたのそらからなにかがくるらしいが、なにかわからない。まるくなってねてもさむい。そのときそとでだれかが「ゆきだ」といった。ゆき? なにかわからないので、こえがしたほうをみてみた

はずかしがりやのれんこんくん
二宮由紀子/作 長野ヒデ子/絵 童心社 記号:Eナ
 ものすごくはずかしがりやのれんこんくん。からだにあながあいていることを、とてもきにしています。けれどもれんこんくんにもいいところはきっとあるはず。池にいた魚やとんぼ、カエルが考えはじめました。その時、どじょうが言いました。「どろをたいせつにしてかきまわしたりしないところ」。すると、つぎつぎにいいところが出てきました。

ドングリ小屋
いしいつとむ/著 佼成出版社 記号:Eイ
 2ねんせいのクラスがえでばらばらになってしまったなかよし3にんぐみ。ひさしぶりにみんなでひみつのばしょである「ドングリ小屋」にいってみることにしました。でも、3にんのほかに、だれかがこのばしょにきているみたいです。

まつぼっくりのぼうけん -川といっしょにたびをした 五つのまつぼっくりのおはなし-
ブリギッテ・シジャンスキー/文 バーナデット・ワッツ/絵 松岡享子/訳 瑞雲舎 記号:Eウ
 高い山の上の小さなひとしずくからはじまった川が、次第に大きくなりながら海をめざします。その水の流れに乗って五つのまつぼっくりたちが冒険に出発しました。途中、一つまた一つと、「自分の」場所を見つけ別れていきますが、最後までひとり旅を続け海に出たまつぼっくりがいます。いったいどうなるのでしょう?美しい色彩がとても印象的な作品です。

十二の月たち
ボジェナ・ニェムツォヴァー/再話 出久根育/文・絵 偕成社 記号:Eデ
 美しいむすめマルシュカは、お姉さんのホレナにいいつけられて雪の山にスミレを探しに出かけます。山の頂上には、たき火をかこんですわる12人の男たち。「三月」とよばれる男が杖をふりかざすと、たちまち森に春がやってきて…。きびしい自然の力をダイナミックに描いたスラブ地方の有名な民話です。